新型軽二輪スクーター「PCX150」を新発売

pcx150_2120420b.jpg

  Hondaは、アイドリングストップ・システムを採用するなど環境性能に優れた原付二種スクーター「PCX」をベースに、新開発の水冷・4ストローク・単気筒150ccエンジンを搭載した軽二輪の新型スクーター「PCX150」6月7日(木)に発売します。

  軽二輪スクーターは、通勤・通学などの市街地走行から有料道路を利用したツーリングまで幅広い用途に適した利便性の高さから人気があります。PCX150は、軽二輪市場において、より多様化するお客様のニーズに応えるため、原付二種スクーターPCXの“コンパクトなサイズ”と“お求めやすい価格”はそのままに、“ゆとりある動力性能と環境性能の両立”をキーワードに開発しました。

  エンジンは耐久性と静粛性、燃費性能を高めた新開発のスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」※1シリーズの150ccエンジンを搭載。この水冷・4ストローク・単気筒150ccエンジンは、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI※2)を採用し、エンジン各部の多岐にわたる徹底的な低フリクション化の実施で、49.0km/L(60km/h定地走行テスト値)の高い燃費性能を実現しました。また、停車時に自動的にエンジンが停止するアイドリングストップ・システムを搭載しています。車体は、前・後輪に14インチの大径ホイールを採用したことにより、優れた走行安定性と快適な乗り心地を実現。さらに、Honda独自のコンビブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)を標準装備することで、安定した制動力を効率的に得ることを可能にしています。デザインは、流麗なフォルムや特徴的なウインカー一体型のデュアルハロゲンヘッドライトなどで、上質な存在感を醸し出しています。収納は、シート下に容量25L※3の収納スペースとフロントカウルに容量1.5L※3のインナーボックスを設け、快適な使い勝手を実現しました。

  PCX150の生産は、タイのタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドが行い、調達から生産まで効率化を図ることで、高品質とお求めやすい価格を実現しています。

※1   enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用水冷エンジンの総称です
※2 PGM-FIは、Hondaの登録商標です
※3 Honda測定値

 

販売計画台数(国内・年間) 2,000台
メーカー希望小売価格 329,700円(消費税抜き本体価格  314,000円)
  価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません